www.underwaterhockey.biz

融資を受けた際、支払う時には利率分を含めての支払いになるのは周知の事実です。金融会社は収益を狙いとした企業ですから必然です。そうはいっても返済する方は、少しでも少なく支払いたいと思うのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が実行される以前は年30%近い利子を払っていましたが、定められてからは高額でも年間18%位とかなり低く設定されていますので、相当リーズナブルになったはずです。現在のキャッシングの利息枠は4%位から18%位の枠に決められていて、利用限度額により設定されます。利用可能額は申込み本人の信用によって決定します。総量制限により収入の1/3までと決められていますので、収入がどれほどあるのか?どういう職についているのか?クレジットの利用状況はどうなのか?等が見られ与信額としてキャッシングの内容が決められます。カードを使ったローンの場合利用できる額が10万円〜800万円(各社で金額は同じではありません)と広い幅があります。そしてその範囲の中で決定した利用可能金額により利息も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年間4%といった具合になるはずです。結局、与信が良ければ、貸付可能金額も多くなり、利息も低くなります。この利率に疑念を受けるのは私しだけでしょうか?余談となりますが、銀行又は金融機関にとって、これらは常識なのかもしれませんが、一年の収入の高い人がキャッシングが不可欠と考えずらいですし、万一お金を借りたとしても利子が高かろうが低かろうが、支払いに困る事はないはずです。反って年収の低い人は即座に必要なので借りるという人がほとんどです。利率が高いと返済に追われるようになるはずです。なので可能枠の少ない人にこそ低金利で使えるようにすべきです。この見方は使用する自分が置かれている立場としての意見です。この事実を考えると、利息を安くする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと分ったのではないでしょうか。実際、このようにして申し出をする人がほとんどなので説明しますと、クレジットカードの申請をする場合、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申し込むのです。カード審査で満額通ればそれだけ利息が安いカードを手にすることができると思います。であってもMAXギリギリまで使用しなければならないというわけではありません。5万円でも30万円でも必要な額だけ利用可能です。そのうえ最高利用額が300万円で最低利子年7%位のローン企業も存在しますので、その会社に手続きをすればその業者の最低利子で使用できます。どう感じましたか?考え方を変えるだけで低利子のカードローンを手にすることが出来るようになります。自分の年収と金融会社の利子を比較し、考える事に時間を費やせば、より満足できる状況でお金の借入れができるため、きちんと調査するようにしなければなりません。

コンテンツメニュー