www.underwaterhockey.biz

ノートパソコンのディスプレイの前で絶えず変化している相場を目を向けているとどことなくトレードをしなくてはいられないという抑えようのない気持ちに突き動かされる場面も多かったりします。しかし、不明瞭な衝動で売買するのは絶対に避けてほしい。ご覧の通り、為替相場は終日いつでも為替相場がやっているし、マーケットもいつでも変動しています。しかし、だからといって何回も取引を重ねているとそれだけマイナスになる危険が上がってしまいます。言うまでもなく、注文の回数を増やすことによって、結果的に勝ち負けの確率か五分五分になるのは事実です。けれども「ぼんやりとした感覚で取引」とは話が違います。注文回数を重ねるという意味は、「ここだ!」と直感した確信を得られたケースでの注文回数を積むという事を意味します。ただ何となく、エントリーを経験するのとは明らかに違う。マーケットの駆け引きに勝つためには白分でけじめをつけることこそが肝心です。「ここは勝てる」と思い至った為替相場の時には覚悟を決めてポジションを増やして、徹底的に儲けを追求します。「明らかに悩ましい為替相場で、どうなるか考え付かないな」と思ったならば、諦めて持っているポジションをひとつ残さず諦めて放置します。そのくらいのけじめがあったほうが、最終的に注文は儲けられます。外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがあります。まったく言葉どおりだと感じます。取引とは、常にポジションを持っていることが重要ではなく売買ポジションを所有せずじっと待っている事も時には、必要です。そうであるならば、どのタイミングで、休む必要があるのでしょうか。ひとつめは、前に述べたように、直近のマーケットが曖昧で判断できない時です。現状から上がるのか下がるのか見通せない時は、ヘタに動くと、自分自身で作ったストーリーとは逆方向に市場が推移してしまい、損をする事になります。だから、そうした場合はポジションを閉じそのままの状態で様子を見ているのが最善の策です。次に、自分自身の体の状態が変なときです。健康状態と相場に関係がない考える投資家もいるだろうが。大きく関係がある。健康状態が悪い時は、外国為替市場のミスできないところで、必要な判断を下すことが難しくなります。気分が乗らない時は相場から距離を置くことも大事な事です。

コンテンツメニュー