www.underwaterhockey.biz

外為取引をはじめたばかりの方がFXの大切なところを理解するには第一にトレードを積み上げていく事が大切です。特に、直前に危険を嗅ぎとるようにするためには負けをすることも経験のひとつ。間違いをするといっても、立ち上がれなくなるほど大きな負けをしてはいけない。取り返しが付く失敗を重ねる事が、最終的に自分のレベルを上げてくれるはずです。こう考えるとまず初めは少額資金で売買を行いこれで取り返しが付く間違いをすることをおすすめする。100万円しか投資資金がない人がはじめに100万円を一銭も残さないで投入して注文すると間違えた時、永久に立ち直れなくなってしまう危険性があります。それより、仮に資金の1割ずつトレードを行ないそれによってエントリーを繰り返したほうが、次第にミスをカバーする方法なども習得するはずです。最初にわずかなお金でエントリーする事の良い点は前述したように、自身の体験を増やし、損を回避する手段を学習していく事にありますがそれと同時に、トレードの回数を多くする事で、不確実性を削減する事ができるという価値もあります。1回の売買で利益を上げられる可能性が50%だと考えます。この場合、同じだけ損失を生むリスクもあります。勝率5割ということは。半々の比率で勝てることを意味している。しかし、全財産を投じて売買をするということは勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。このままではたんに丁半バクチと同じです。言い換えれば、全ての財産を投じて1回のみしか取引をしないと、その分だけ大損する可能性が高くなってしまいます。だからこそ、投資資金を1度に全部投じるのではなく、いくつかに分けて、チャンスを重ねる事がリスク分散となります。だからといって数回に分けたとしても全てのトレードで勝つ事は大切ではありません。むしろ、勝利できないのが現実だ。トレードで肝心なのは、勝った回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。勝半5割でもたとえ勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。負ける確率が高くても損失がわずかならば、少ない勝利のプラスの大きさで十分に利益を上げる事が出来ます。そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。マイナスになったら素早く損切りしてそれとは反対に儲けられる場面では可能な限り大きく儲けることがFXビギナーがFX投資で儲ける神髄です。

コンテンツメニュー