廃車登録をすれば

自動車重量税、別名重量税という税金は日本の自動車もしくは外国の車等自動車の生産している国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、クーペなど車体も全て同じで例えば、スズキやポルシェ、等にも同様に負担が必須な税のことをいいます。相場 料金 ハウスクリーニング

新車を登録する時または車検を受ける場合に納税が必要な税なのです。スマホ節約の秘訣はやっぱり格安SIM!料金を3分の1に抑えよう

その支払額は対象となるクルマのウエートにより定められています。ヴィトックスα効果

「自動車重量税」と「自動車税」は完全に別のものなので、間違えないようにしなければなりません。マカ&クラチャイダム

「自動車重量税は車重により」「自動車税は自動車のリッター数で」金額が変わります。婚活 40代 女性 大阪府

それにより引き取りの際の扱われ方変わりますので注意が必要です。風水

車を売却する際には既に納めた車の金額がいくらあっても、その税額が戻ってくることはないですが、一方、自動車税の時は支払った額を売却額に乗っけてくれる場合がありますが重量税の場合は足されるような事例はほとんどないはずです。レモンもつ鍋

重量税は自動車の処分時に支払った税額があるからと言って中古車の専門業者でそのことが考慮される場合はまずないと思います。

そのためその次の支払い、分かりやすく言えば次の車検まで待ってから買取っていただくという手法が無駄がないでしょう。

自動車引き取りの際は考慮されない重量税ですが例外的な場合だと戻ってくることがあります。

これにあたるのは、車検の効力が残存している自動車を廃車にするケースです。

つまり、廃車登録をすれば、残っている車検期間に従って税金が戻ってきます。

しかし、自動車の売却の場合はそのクルマが廃車されるのとは違うので戻ってきません。

それに売却する自動車の名義の変更をしたケースや、盗難された時なども還付を受けることはできません。

重量税が残っているクルマを売ることは、車検期間が残っている車ということと同じです。

買取店も計算に入れますので、自動車重量税の期間が残っていれば少しは査定額が増えることでしょう。

もちろん、査定額は買取業者により違ってきますが車検が残っていることを計算に入れてもらえば、所有車の買取金額からみたらそんなに払い損ということもありません。

コンテンツメニュー

    Link