簡易シュレッダーなどが自宅にある場合は念には念

使用した利用レシート保有する必要はあるか。

正解について申し上げると保管する義務は特段あるわけではありません。

個人個人で保有していることにより自分が明細を保管しておきたいという場合は捨てなければよいことだろうし、もしものは無くてもよいと考えるのであれば保管しておく必要性はないのです。

しかし毎月郵送される利用明細書類との照合作業をする際においては絶対に上述の利用レシートは不可欠となります。

明細レシートをそこまで少なくとも保管していないと何日にどれだけ使用したのか?について定かでなくなるだけでなく、誤植の他重複した請求についての確認さえもできなくなってしまうからリスクがあります。

おそらくクレジットカードを使った額はレシートを保存していないと記憶することはできないはずです。

短くても明細書類が届く1ヶ月から2ヶ月程度は、しっかりレシートを捨てないようにして頂きたい。

クレカの利用レシート廃棄法●クレカの利用レシート廃棄のやり方はとにかくシンプル。

第三者に不正な利用をされないようちぎって捨てるだけで良いのである。

簡易シュレッダーなどが自宅にある場合は念には念を入れて利用しても良いでしょう。

クレジットカードの利用内容を証するレシートのためクレカNoなど個人情報を特定できるものが入っています。

ゴミ同然の明細レシートと軽視せず細心の注意を払って行うべきです。

近頃は予防の意味で利用レシートにクレジットNoなどの個人の情報が表示されない利用レシートも出てきているが、信じ過ぎることは禁物と考えます。

コンテンツメニュー

    Link