交換するより優先してこの作業

思いつきもせずいきなり起こるのが乗用車の事故です。

そこでどんな対処する結果で、車の保険料の受け取り額も大きく違ってくる場面も予想できますので的確な判断力と対応力が重要です。

考えていない場面に巻き込まれて動揺してしまったならば重大な場面を逃してしまい、後々自らがかなりの損を負わされる状況も予測できるので交通事故に遭遇してしまった場合には適切に次に記述した対応するとよいかもしれません。

乗用車の事故をしてしまった状況で一番にする事は負傷者の状況を確認する必要があります。

乗用車の事故直後は頭の中が真白になってショック状態になってしまうケースがありすぐには対応できないのが一般的です。

なので、怪我をした人がいたならば安全が確認された地点に移動してから手当てをして、救急車を呼ぶようにして人命最優先を心掛けましょう。

救急車に連絡する時には明確な事故があった場所を伝え、良く分からない状態では周りの目に留まった建造物や交差点を知らせ事故の住所を特定できるようにします。

その後で警察署に連絡して自動車の事故が起きた事、そして簡単に状況を知らせます。

救急車と警察が来るのを待っている内に相手側のことを調べます。

氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証番号、車のナンバー事故の相手側の保険の会社名と言ったお互いの情報を言います。

この時に事故の相手方に非があった状況では事故現場でやりくりしようとすることがありますがすぐに結論を出すのではなくどういう場面でも警察署や自動車保険会社に連絡してちゃんと調べてもらうことが重要です。

それぞれの身元を伝えたら交通の妨害にならないように妨げとなる物道から排除します。

万が一妨げになった物が他者の車の障害物となっている場合はそれぞれの情報を交換するより優先してこの作業を行っても問題は起こりません。

その次に自分自身が入っている車の保険会社に連絡を入れ、自動車の事故が発生したことを報告します。

一定時間の内に自動車保険会社に連絡しておかないと、自動車の保険の適用外に状況も想定されますので時間が出来たら遅れることなく電話を入れることが重要です。

さらに事故内容の形跡として、コンパクトカメラや携帯のカメラ等で事故現場や愛車の破損の様子が分かる写真をを撮ります。

その証拠写真は過失の割合決定する際に役割となりますので、己の乗用車や相手の愛車の破損状態をきちんとカメラに残しておいてください。

その場面で第三者がいたのなら警察の方や自動車保険会社が到着するまでその場所にそのまま待機して頂くように求めることも重要です。

コンテンツメニュー

    Link