免責の手続きから過去7年間に債務の免責

免責不許可事由とは破産宣告を申し立てた人を対象にこういった要件に該当しているならば負債の免除は受け付けませんという線引きを指したものです。シースリー

つまりは、極端に言えばお金を返すのが全然行えない人でもこれに含まれるならば借金の免責を受理してもらえないような場合があるということです。脱毛 新宿

つまり自己破産を申告し借金の免責を取りたい際の、最終的な難関が「免責不許可事由」ということになるのです。郵便局バイト

以下は重要な要素のリストです。iphone7在庫ソフトバンク

※浪費やギャンブルなどで過度に資本を乱費したり膨大な債務を抱えたとき。

※破産財団に属する相続財産を秘密にしたり破壊したり、債権を持つものに損失となるように手放したとき。

※破産財団の負債を虚偽のもとに多くした場合。

※自己破産の責任を持つのに、それら債権を持つものに特定のメリットを付与する目的で金銭を提供したり、弁済期の前に借入金を弁済したとき。

※もうすでに返せない状況なのにその事実を偽り貸方を信用させてさらなるお金を借りたりくれじっとなどを利用してモノを購入したとき。

※虚偽の債権者の名簿を役所に提示したとき。

※免責の手続きから過去7年間に債務の免責を受けていた場合。

※破産法が指定する破産した者の義務を反した場合。

これらの項目に該当しないのが要件ですが、この8項目だけを見て具体的に例を想定するのは知識と経験がないと簡単ではありません。

さらに、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と記載されていることでも想像できますが、ギャンブルというのはそれ自体は具体例の中のひとつであるだけでほかに具体例が挙げられていない条件が非常に多いというわけです。

具体例として述べていない状況の場合は一個一個事例を言及していくときりがなくなってしまい例を定めきれなくなる場合や、昔に出されてきた判決による判断が考えられるのでそれぞれの申し出がこれに該当するかどうかは法的な知識がない方には簡単には見極めがつかないことが多いです。

くわえて、自分がその事由に該当するなどと思いもよらなかった時でも免責不許可という裁定をひとたび出されたらその決定が元に戻されることはなく、借金が残るばかりか破産者であるゆえのデメリットを7年という長期にわたり受け続けることになります。

だから、免責不許可による悪夢を防ぐためには、破産の手続きを検討するステップで多少でも不明な点があるようでしたらまず弁護士に連絡を取ってみてください。

コンテンツメニュー

    Link